東芝、4Kのためにパワーアップした「REGZA Z20X」は圧倒的高画質

加納恵 (編集部)2015年10月14日 12時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝ライフスタイルは10月14日、4K液晶テレビ「REGZA」に新製品「Z20X」シリーズを発表した。HDR入力に対応する。発売は11月。

 Z20Xシリーズは、65V型の「65Z20X」(想定税別価格:64万円前後)、58V型「58Z20X」(同:45万円前後)、50V型の「50Z20X」(同:37万円前後)の3モデルをラインアップ。全機種に、ピーク輝度1000nitオーバーの高輝度LEDと新開発のエリアコントロールによるバックライトと「ハイコントラストブラックパネル」を搭載した「レグザパワーディスプレイシステム」を採用し、HDRの高輝度、高画質をあますところなく再現できるとしている。


4K液晶テレビ「REGZA Z20X」シリーズ
  • 「全面直下LED」と「直下型LEDハイブリッドエイアコントロール」を採用した新開発のバックライト

 ハイコントラストブラックパネルは、液晶テレビとしては数少ないクリアパネルを採用することで、コントラストを向上させたもの。バックライトの拡散と外光の反射を抑えることで、クリアな映像を引き出し、HDR映像にも威力を発揮する。

  • 新開発の「4KレグザエンジンHDR PRO」

 映像エンジンには、開発に3年を費やした「4KレグザエンジンHDR PRO」を搭載し、4Kでの高画質を追求。点灯時間に加え、駆動電流による輝度制御をすることで締まりのある黒を再現するほか、「4K広色域復元プロ」、通常コンテンツのダイナミックレンジを拡大する「アドバンスドHDR復元プロ」などを備える。

 1段目で低域から高域までバランス良く高精細化し、2段目で微細なテクスチャを復元する「2段再構成型超解像」やチラつきを抑えてクリアな映像を実現する「ノイズリダクション連携複数フレーム超解像」などにより、超解像処理をサポート。「動き追求ノイズパターン抽出型3次元NR」「絵柄構造適応型MPEG-NR」などにより、ノイズも徹底的に抑制している。

 1080p、120Hz入力対応に加え、約0.83msecの低遅延を実現した「4Kゲーム・ターボ プラス」により、格闘ゲームなども高速レスポンスで楽しめる。

  • スピーカシステム

 別売のUSB HDDと組み合わせることで、REGZAシリーズ独自の「タイムシフトマシン」を実現。平日は夜のみ、休日は終日など、好みの時間帯とチャンネルで録画設定ができるほか、リモコンに備えたマイクで声による操作ができる「ボイス機能」により、見たい番組を音声で探すことも可能だ。

  • 新レグザサウンドシステム「RSS-AZ55」

 本体下部には「ラビリンスバスレフ型BOXスピーカー」とテレビ前面のスリットに新開発のドームトゥイータを搭載し、クリアでキレの良い音質を実現。新レグザサウンドシステム「RSS-AZ55」(同:3万3000円前後)と組み合わせれば、テレビのオーディオシステムとシンクロ動作する「シンクロドライブ方式」により、さらに豊かな高音質再生を実現する。

 地上デジタルチューナ9基、BS、110度CSチューナ3基と4K放送対応のスカパー!プレミアムサービスチューナを搭載したほか、Netflixにも対応。発売後のソフトウェアアップデートにより、ひかりTV 4K、4Kアクトビラの視聴も可能だ。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加