キヤノン、ミラーレスカメラ「EOS M10」--チルト式液晶搭載、外観のカスタマイズも

坂本純子 (編集部)2015年10月13日 17時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンは10月13日、ミラーレスカメラ「EOS M10」と、小型・軽量設計を特長とするミラーレスカメラ専用交換レンズ「EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM」を10月29日より発売すると発表した。

EOS M10(ホワイト)+アクセサリ装着時の一例
EOS M10(ホワイト)+アクセサリ装着時の一例
グレーはホーロー風の光沢感で、アンティーク雑貨のようなやわらかい色を特長とする
グレーはホーロー風の光沢感で、アンティーク雑貨のようなやわらかい色を特長とする

 EOS M10は、レンズ交換式カメラ「EOS」のコンセプトである「快速・快適・高画質」を継承しながら、背景ボケや明るさなどの撮影設定を簡単にできるミラーレスカメラだ。ターゲットは、初めてレンズ交換式カメラを使用する人や、コンパクトデジタルカメラやスマートフォンでの撮影からステップアップしたい人だ。

 APS-Cサイズ、約1800万画素のCMOSセンサと新たに映像エンジンDIGIC6を搭載。標準ズームレンズEF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STMと組み合せても質量約431gの軽量ボディだ。カラーはブラック、ホワイト、グレーの3種類。中でもグレーは、ホーロー風の光沢感で、アンティーク雑貨のようなやわらかい色を特長とする。

フェイスジャケットEH28-FJ
フェイスジャケットEH28-FJ

 また、ユーザーの好みに合わせてカスタマイズできるフェイスジャケットやグリップなどのアクセサリ(別売)もそろえており、外観をアレンジしながらオリジナルのカメラを楽しめる。

 タッチパネル操作やタッチシャッターが可能で、上方向に約180度可動するチルト式液晶モニタにより自分撮りもライブビューでピントや設定を調整・確認しながら撮影できる。さらに、タッチパネルによる直感的な操作によって背景ボケや明るさといった撮影効果の設定が可能な「クリエイティブアシスト」機能を搭載した。ストロボを内蔵(ACCシューは非搭載)し、NFCでスマートフォンと連携できる。

 キヤノンオンラインショップ価格(税別)は、ボディ単体が4万2800円。ほか、ボディ+EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STMをセットにした新標準ズームレンズキットが5万7800円、さらに「EF-M22mm F2 STM」を加えたダブルレンズキットが7万1800円、ボディ+「EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM/EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM」をセットにしたダブルズームキットが8万2800円。

 レンズの価格はEF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STMが3万5000円、EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STMが4万9000円。

 なお、キヤノンは同日、1.0型大型センサを搭載プレミアムコンパクト「PowerShot Gシリーズ」のラインアップも発表している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加