デル、EMC買収計画を正式発表

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年10月12日 21時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Dellは米国時間10月12日、EMCを約670億ドル相当の現金と株式で買収することで合意したと発表した。

 DellとEMCを組み合わせることで、「株式非公開で運営される、世界最大規模の統合技術企業」が誕生するとプレスリリースには書かれている。

 EMCの株主には1株あたり24.05ドルの現金と、(EMCが大半の株式を所有する)VMwareを対象とした子会社連動株式が発行される。EMC株主は、EMC株式1株につきVMwareの子会社連動株式を0.111株受け取る見込みだ。

 足し合わせると、EMC株主には1株当たり33.15ドル相当の現金とVMware株式が支払われる予定。VMwareは今後も株式公開企業として独立して運営される。

 買収費用は、Dellの創業者で会長兼最高経営責任者(CEO)を務めるMichael Dell氏、MSD Partners、Silver Lake、Temasekの新規の株主資本や、新規株式発行、負債による資金調達、手持ち現金で賄われる。買収は2016年中頃に完了する予定。

 Dellの会長兼CEOの職は、引き続きMichael Dell氏が務める。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加