logo

「h.ear×WALKMAN--ヘッドホンで体感するハイレゾライブ

加納恵 (編集部)2015年10月10日 09時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イベント会場になったのは「渋谷 sound museum VISION」
Scroll Right Scroll Left

イベント会場になったのは「渋谷 sound museum VISION」

 ソニーは10月8日、ハイレゾ再生に対応した「ウォークマン」とヘッドホン「h.ear」の発売を控え、東京の渋谷 sound museum VISIONで、スペシャルイベント「Hi-Res Silent Party presented by h.ear×WALKMAN」を開催した。来場者全員がヘッドホンから流れるハイレゾサウンドを聞きながら、ダンスパフォーマンスを楽しんだ。

 ウォークマンとヘッドホンh.earは10月10日に発売された新モデル。ハイレゾ再生に対応しているほか、ビリジアンブルー、シナバーレッド、チャコールブラック、ライムイエロー、ボルドーピンクといった新色や新デザインを採用する。


ウォークマンの新キャラクターを務める、フリースタイル・バスケットボール世界チャンピオンのZiNEZさんとダンサー・コレオグラファーの仲宗根梨乃さん

 スペシャルイベントは、10月9~11日の期間限定で、渋谷 sound museum VISION内に設置したハイレゾ体感スポット「Hi-Res Tasting Spot」のオープンに先駆けて実施したもの。

 当日は約200人が招待され、全員にh.earとウォークマンをレンタル。イベントの開始とともに全員がウォークマンを再生し、ウォークマンから流れている楽曲にあわせて、ダンスパフォーマンスが繰り広げられた。

 スペシャルゲストとして、ウォークマンの新キャラクターを務める、ダンサー・コレオグラファーの仲宗根梨乃さんとフリースタイル・バスケットボール世界チャンピオンのZiNEZさんが登場。曲に合わせたダンスでイベントを盛り上げた。

 期間中は、「h.ear×WALKMAN」のテーマ曲を演奏する「カルメラ」のハイレゾ音源を初公開。楽曲39曲を試聴できるほか、新キャラクターの松岡モナさん、DEAN FUJIOKAさん、仲宗根梨乃さんのハイレゾおすすめ楽曲の一部も聴くことができる。これらの楽曲は、家電店、ソニービル/ストアでも試聴可能だ。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集