セブン-イレブン、公衆無線LAN「セブンスポット」の制限なくす公式アプリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セブン-イレブン・ジャパンは10月5日、スマートフォンアプリ「セブン‐イレブンアプリ」を発表した。同社が取り扱うこだわりの商品やキャンペーン情報が確認できるほか、公衆無線LANサービス「セブンスポット」を制限なく利用できる特徴がある。


「セブン‐イレブンアプリ」画面

 セブンスポットは、無料で登録できるアカウントを使用し、セブン-イレブンのほか、「イトーヨーカ堂」「そごう・西武」「デニーズ」「ロフト」など、同社グループ施設に設置されたアクセスポイント(7SPOT)を利用してインターネットが利用できるもの。

 セブン‐イレブンアプリを利用しない場合、1日に「1時間×3回」という制限が設けられているが、同アプリを使って接続することで、この制限に関係なく利用できるようになる。

 なお、コンビニエンスストア公式のアプリとしては、ローソンの「LAWSON」やファミリーマートの「ファミリーマートWi-Fi簡単ログインアプリ」、サークルKサンクスの「サークルKサンクス」などがすでに提供されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加