ヤマハ、USB DAC搭載のパワードスピーカ--ハイレゾ再生に対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは10月2日、USB DAC機能を搭載したネットワーク・パワードスピーカ「NX-N500」を発表した。発売は10月下旬。1ペアの税別価格は10万円となる。

  • 「NX-N500」

  • 背面の接続端子

  • リモコン

 NX-N500は、DSD 5.6MHz/PCM 384kHz/32bitのハイレゾ音源再生に対応したUSB DAC機能を搭載。Wi-FiおよびBluetooth機能も内蔵し、ネットワーク上や対応機器の、ハイレゾ音源を含む音楽コンテンツやインターネットラジオのワイヤレス再生が可能だ。

 ヤマハの「MusicCast」に対応し、スマートフォンやタブレットなど、専用アプリをインストールした対応機器で、本機や複数のMusicCast対応音響機器の操作のほか、音楽コンテンツの配信や受信、共有などの操作ができる。

 パワーアンプ部には、トゥイータ用とウーファ用の計2組のアンプ回路を搭載したバイアンプ構成を採用。アナログ方式パワーアンプと、スピーカーユニット間の相互干渉を受けにくいバイアンプ構成により、クリアで開放的な音を再現する。

 ゆとりあるハイレゾ音源再生のため、ウーファには、ヤマハのピュアオーディオ用スピーカと共通の素材である「New A-PMD振動板」による13cmウーファを採用。トゥイータには、40kHz(-10dB)までの広帯域再生と中高域の表現力とを両立する、3cmソフトドームトゥイータを採用した。

 エンクロージャには、木材の接合面を“くさび”の原理で隙間なく組み合わせ、三方留め構造と肉厚MDFの採用により、音を濁らせる不要共振を排除した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加