logo

HP取締役会、11月1日の分社化を承認--HP Enterpriseの株式取引は2日から

Larry Dignan (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年10月02日 10時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Hewlett-Packard(HP)は米国時間10月1日、エンタープライズ向け事業を展開するHewlett Packard Enterpriseと、PC事業およびプリンタ事業を展開するHP Inc.への分社化が取締役会で承認されたと発表した。

 同社が9月に分社化と、両社の業績見通しに関する概要を明らかにしている点を考えると、この承認は驚くべき話ではない。

 HP Enterpriseの株式は、11月2日からニューヨーク証券取引所(NYSE)で取引が開始される予定だ。なおHPの株主には、所有している株ごとにHP Enterpriseの株が1対1で割り当てられる。

 同社の最高経営責任者(CEO)Meg Whitman氏は声明で、分社化によりイノベーションへの注力とまい進が可能になると述べた。なお、HP Enterpriseは2万5000〜3万人規模のレイオフを計画しており、ハイブリッドクラウドに賭けることになる。

 HPの株主には、11月1日にHP Enterpriseの株式が割り当てられる。HPはHP Inc.となる。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集