「Antenna」がコンテンツ改編--“取材メディア”を中心に絞り込み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グライダーアソシエイツは10月1日、同社が運営するキュレーションマガジン「Antenna(アンテナ)」において、大規模な機能改善とコンテンツ改編を実施したと発表した。これにあわせて正式名称を「Antenna」から「antenna*」へと変更し、サービスロゴも刷新した。

 antenna*は、自分好みの情報が集まるキュレーションマガジンサービス。エンタメ、カルチャー、ライフスタイルを中心に、外出情報、ファッション、グルメ、レシピなど、厳選された情報を1日1000記事以上配信している。


 機能改善では、自分が欲しい情報だけを効率よく手に入れたいというユーザーニーズに応えるため、キーワードやジャンル、メディアなどをお気に入りに登録することで、求める情報だけが集まる新機能「マイリスト」を実装。また、現在地や知りたい場所などからもコンテンツと出会える「エリア」機能も追加する。


 コンテンツ改編では、自社で取材から撮影、編集までをする「一次メディア」を中心に、掲載メディアを精鋭化する。同社では、これまで独自基準により、メディア1社1社と契約しコンテンツを配信してきたが、配信基準の見直しにより、信頼性・芸術性において優れた約250のメディアに絞り込んだという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加