シャープ、ネットと“ながら見”できるタブレット型テレビ「AQUOSファミレド」

加納恵 (編集部)2015年09月25日 11時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは9月25日、ワイヤレス液晶モニタとチューナを組み合わせて家中のどこでもテレビを見ることができる「AQUOSファミレド HC-16TT1」(HC-16TT1)を発表した。防水機能も備える。発売は11月15日で想定税別価格は9万円前後。


「AQUOSファミレド HC-16TT1」。ボディカラーはブラックとホワイトの2色

 HC-16TT1は、16型のタッチ式の液晶モニタと地上、BS、110度CSチューナから構成されるタブレット型テレビ。モニタとチューナはWi-Fiによるワイヤレス接続ができ、モニタ部にはバッテリとAndroid OSを内蔵。モニタ部のみを持ち運んで、テレビを視聴できる。

 アプリとテレビ画面を同時に表示できる「二画面機能」により、レシピやSNSを確認しながらテレビを見られることが特徴。シャープでは、インターネットでウェブサイトやSNSを見ながらテレビを見る「ながら見」へと視聴スタイルが変化していることに注目し、簡単に“ながら見スタイル”を楽しめる、HC-16TT1を商品化したという。

 チューナ部にUSB HDDを接続すれば、録画にも対応し、ワイヤレスモニタで録画番組を視聴することも可能。モニタ部から録画番組予約や再生番組選択などもできる。DLNAサーバ機能も備え、BDレコーダー「AQUOSブルーレイ」などと組み合わせてのワイヤレス視聴にも対応する。

  • ホーム画面。番組情報が表示され、中央のテレビイラスト部にテレビ番組が映る

  • チューナ部

  • チューナ部のリアパネル。Wi-Fiのほか有線LAN接続も可能

 モニタ部はAndroid 4.4を搭載し、Google Playからアプリをダウンロードして、タブレット端末としても使用できる。写真整理機能を持つ「Scene」や電子書籍アプリ「GALAPAGOS」などをプリインストールしている。

 モニタ部は高さ25.4cm×幅39.5cm×奥行き2.4cmで、重量約1.9kg。IPX5/7相当の防水性能を備え、バスルームやキッチン周りでも安心して使用できるほか、汚れた際に水洗いすることも可能だ。8Gバイトのメモリを内蔵したほか、microSDカードスロットも設ける。

 Bluetoothにも対応し、対応するスピーカと組み合わせられるほか、Bluetoothキーボードやマウスを接続してPC的な使い方をすることも可能。外出先から対応する家電製品をコントロールできるアプリ「ココロボ~ド」を使用すれば、モニタ部で家電の状態を確認することができ、空気清浄機を稼働したり、HEMSと連動して節電状況を知らせてくれたりする。

 バッテリ持続時間は約5時間。タブレットとしては大きめとなる16型モニタは、家の中で持ち運びができ、できるだけ大きなサイズとして選んだという。地上、BS、110度CSデジタルチューナは1基のみのため追いかけ再生は不可。シャープでは、家族でシェアできるディスプレイとしてファミリー層に提案していく。

  • IPX5/7相当の防水性能を備える

  • 背面にはスタンドを装備

  • サイドに電源ボタンなどを配したほか、micro SDカードスロット、ヘッドホン端子、USB端子を設ける

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加