KDDI、「iPhone 6s」発売イベントを開催--3つの“スーパー”で差別化

藤井涼 (編集部)2015年09月25日 12時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 新宿の旗艦店「au SHINJUKU」で初めて開催。この日はあいにくの雨模様。

 新宿の旗艦店「au SHINJUKU」で初めて開催。この日はあいにくの雨模様。

 iPhoneの最新モデルである「iPhone 6s/6s Plus」が9月25日に発売された。KDDIはこれを記念した発売イベントを同日の朝8時から開催。KDDI代表取締役社長の田中孝司氏が予約者にいち早く端末を手渡した。なお、これまで同イベントは原宿の「KDDI デザイニングスタジオ」で行われていたが、今回から新宿の旗艦店「au SHINJUKU」へと変更している。


新型iPhoneの発売記念イベントが開催

 イベントには先着12人の予約者が招かれ、各々が新型iPhoneへの思いを語った。1番乗りだった男性は、2014年の「iPhone 6/6 Plus」発売イベントでも最初の購入者。三太郎のテレビCMでお馴染みの松田翔太さんや、桐谷健太さん、有村架純さんから、同時にTシャツにサインをもらうなど、豪華な“特典”を満喫していた。


最初の予約者である男性が、テレビCMでお馴染みの松田翔太さんや、桐谷健太さん、有村架純さんからサインをもらう“特典”も

3つの“スーパー”で差別化

 新型iPhoneについて田中氏は、「個人的には(新機能の)3D Touchが一番好き。ユーザーインターフェースも完成形に近い形に仕上がっている」と評価。予約状況については、4.7インチのiPhone 6sの人気が高く、特に新色のローズゴールドの予約者が圧倒的に多いことを明かし、「ちょっと品薄なので、早めに買ったほうがいいのでは」とアピールした。

 競合他社との差別化要素として田中氏が強調したのが「3つの“スーパー”」だ。1つ目が、月額1700円で1回5分以内の通話がかけ放題になる新料金プラン「スーパーカケホ」。auでは3Gバイトのデータ定額サービスから適用できることが特長で、9月18~23日の新規契約者(MNP含む)の4割がスーパーカケホを選んでいるという。


新料金プランの比較

 2つ目が「スーパーアップグレードキャンペーン」。iPhoneを毎年新型に買い替えたいユーザーもいることから、12カ月間の利用実績があれば最新機種に割安で機種変更できるようにする。実施期間は2015年9月18日~2016年3月31日。

 そして、3つ目が「スーパー快適ネットワーク」だ。iPhone 6sとiPhone 6s Plusからより高速な4G LTEとWiMAX 2+の2つのキャリアアグリゲーションに対応する。

 受信最大150Mbps(2GHz)の電波と、受信最大75Mbps(800MHz)の電波を2つ束ねた受信最大225Mbpsの4G LTEと、受信最大110Mbpsを2本束ねた受信最大220MbpsのWiMAX 2+によって、高速なネットワークを実現するとした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加