NVIDIA、ノートPC版「GeForce GTX 980」を発表--VRヘッドセット「Rift」もサポート

Dan Ackerman (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2015年09月24日 11時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NVIDIAは米国時間9月22日、これまでデスクトップPC向けだったグラフィックスプロセッシングユニット(GPU)「GeForce GTX 980」の新バージョンを発表した。このGPUはノートPCのプロセッサや電源、マザーボードに対応しており、ノートPC向けに作られている。これはノートPC用とデスクトップPC用のグラフィックスカードの差を、少なくとも一部はなくそうとする同社の取り組みだ。

 NVIDIAによれば、これまでデスクトップPC向けだったGeForce GTX 980のノートPC対応バージョンは、パフォーマンスの点で、同じような構成のデスクトップPCに搭載されたGTX 980に近いか、場合によっては同等だという。この特別バージョンのGTX 980カードは、より高速な7Gbpsのオンボードメモリと最大で8フェーズの電源を搭載し、他のモバイルバージョンのGPUを上回る性能を実現している。これによっていっそう効率的なチップへの電力供給が可能になり、発熱が抑えられるとしている。

 このGPUはデスクトップPC向けGTX 980とほぼ同等であることから、オーバークロックにも完全対応している。そのため、PCメーカーやMSIのようなパーツメーカーでは、現在デスクトップPC向けグラフィックスカードにバンドルしている独自のオーバークロックアプリと同じものを、このカードにも含めることが可能になると、NVIDIAでは述べている。

 また、新しいGTX 980カードを搭載したノートPCは、Oculus VRが発売予定の仮想現実ヘッドセット「Rift」をサポートする初めてのモバイルPCとなる。

 2016年前半に発売予定の一般消費者向けRiftでは、使用に伴うシステム要件の1つとしてデスクトップ向けグラフィックスカードが挙げられており、ノートPCはこれまで対象から外されていた。

 しかしNVIDIAは、新しいモバイル版のGTX 980を発表するにあたり、Oculus VRの製品担当バイスプレジデントを務めるNate Mitchell氏からの新たなコメントを紹介している。「この新しいGTX 980を搭載したノートブックPCは、Oculus Riftをポータブルで利用するための優れた選択肢だ」とMitchell氏は述べたという。

 GTX 980を搭載した初のノートブックPCの正式な発売日や価格は明らかにされていないが、NVIDIAは、2015年秋の間に発売される見込みだと述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加