logo

ヤマハ、ハイレゾ音源対応の薄型AVアンプ「RX-S601」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは9月14日、ハイレゾ音源に対応し、4K映像対応のHDMI端子搭載した、薄型5.1chネットワークAVレシーバー「RX-S601」を発表した。発売は10月上旬。税別価格は6万7000円となる。

 RX-S601は、本体サイズが高さ111mm×幅435mm×奥行き327mmで、ローボードタイプのテレビラックにも設置しやすい薄型。左右に大型ロータリーノブを配置したアルミヘアライン仕上げのパネルフェイスを採用し、カラーはブラックとチタンを用意している。

 4K/60p映像信号に対応した6入力/1出力のHDMI端子を備え、そのうちの1入力/1出力はHDCP 2.2に対応。テレビとケーブル1本で接続できる「オーディオリターンチャンネル」のほか、主要メーカーテレビやレコーダーとのリンク機能にも対応した。

 DSD 5.6MHz、AIFF/WAV/FLAC 192kHz/24bit、Apple Lossless 96kHz/24bitのハイレゾ音源再生に対応し、曲間の音が途切れないギャップレス再生にも対応。専用アプリ「AV CONTROLLER」の選曲機能を使って、PCやNASにある音楽の再生も可能だ。

 Wi-Fi、Bluetooth機能を内蔵し、対応機器の音楽をワイヤレスで再生することも可能。Wi-Fi再生はハイレゾ音源にも対応している。ヤマハの音質改善技術「ミュージックエンハンサー」も新たにBluetooth音声に対応し、より明瞭で奥行き感のあるサウンドを再現した。


「RX-S601」

リアパネル
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集