logo

「iPhone 6s Plus」の機能を再確認--進化したアップル大型端末の第一印象 - (page 2)

Dan Graziano (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2015年09月16日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 iPhone 6s PlusにあってiPhone 6sにはない機能が、光学式手ぶれ補正だ。2014年モデルも同様に、iPhone 6 Plusでは利用できたがiPhone 6には非搭載だった。光学式手ぶれ補正を使用すると、動いているときも鮮明な写真や動画を撮影できるようになる。

 新型iPhone最大のセールスポイントは、「3D Touch」の導入だ。「Apple Watch」や新しい12インチ「MacBook」で使われている「Force Touch」と似た技術で、画面を押す強さの違いが認識される。たとえば、電子メールを軽く押すと内容をのぞいて見ることができ、強めに押すとその電子メールが開く。

 iPhone 6s Plusは、2014年モデルから高さ、幅、厚み、重さがごくわずかながら増している。高さは158.1mmから158.2mmに、幅は77.8mmから77.9mmに、重量は172gから192gになった。バッテリ持続時間も変わっていない。Appleによると、LTE回線でのウェブブラウジングで最長12時間、HD動画の再生で14時間だという。

 iPhone 6s Plusは、シルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズピンクの4色で、米国時間9月25日に発売される。事前予約は米国太平洋時間9月12日午前0時1分に開始された。価格は2年契約で299ドルから、24カ月の分割払いで月額31ドルからとなる。

AppleのiPhone 6s(左)とiPhone 6s Plus
AppleのiPhone 6s(左)とiPhone 6s Plus
提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]