logo

Olasonic、ハイレゾ対応のPC用スピーカ「TW-S9」--約2万3000円で

加納恵 (編集部)2015年09月10日 11時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「TW-S9」

 東和電子は9月10日、Olasonicブランドからハイレゾ音源再生に対応したスピーカ「TW-S9」(S9)を発表した。発売は10月下旬。想定税込価格は2万3630円になる。

 Olasonicでは、USB接続ができるPC用スピーカ「TW-S7」を2010年に発売。S9はその上位機にあたる。

 S7をふた回りほど大きくした、高さ162mm×幅113mm×奥行き117mm、重量約1100gで、卵型のスピーカキャビネットは継承。60mmのフルレンジユニットに55mmの大型マグネットを搭載したスピーカユニットと、25mmのソフトドームユニットに20mmの超強力マグネットを搭載したスーパートゥイータを備え、45kHz以上の高域再生に対応する。


2ウェイスピーカユニットを同軸上に配置した

 プレッシャーボード付きのパッシブラジエータ―により重低音を再生するほか、大型デュフューザにより、広がりのあるサウンドを再現する。

 独自の「Super Charged Drive System(SCDS)」により、12.5W×12.5Wのハイパワーを実現する。

 PCとはUSBケーブルのみで接続でき、デジタルオーディオプレーヤーとのアナログ接続も可能。スピーカ本体に電源のオン、オフを設けたほか、ボリューム調整も行える。

 ボディカラーはチタニウムグレーとパールホワイトの2色を用意。いずれもUV加工を施している。

  • チタニウムグレー

  • パールホワイト

  • 25mmのソフトドームトゥイータをスーパートゥイータとして搭載する

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集