logo

NHK、HDR対応の85V型8K液晶ディスプレイを開発--シャープと共同で

加納恵 (編集部)2015年09月03日 18時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NHKは9月3日、9月11~15日にオランダのアムステルダムで開催される放送機器展示会「IBC2015」で、HDR(High Dynamic Range)に対応した85V型の8K液晶ディスプレイを展示すると発表した。


HDR対応8K液晶ディスプレイの外観

 HDRは、映像の明暗の幅を拡大する技術で、日陰とひなたなど、明暗差の大きいシーンやガラスや金属の反射光による明るい場面などを忠実に再現できるという技術。NHKは従来のテレビジョン方式と互換性のあるこのHDR方式をBBC(英国放送協会)とともに技術開発してきたという。

 展示される85V型8K液晶ディスプレイは、NHKとシャープが共同で開発したもの。最大輝度は1平方メートルあたり1000カンデラ以上、コントラスト比は10万対1になる。


従来映像(左)とHDR映像(右)の比較
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集