logo

デノン、SX11シリーズのプリメインアンプとSACDプレーヤーが復活

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディーアンドエムホールディングスは9月1日、デノンブランドのSX11シリーズとして、プリメインアンプ「PMA-SX11」と、SACDプレーヤー「DCD-SX11」を発表した。10月中旬に発売する。税別価格は、PMA-SX11が38万円、DCD-SX11が36万円。

 PMA-SX11は、1ペアという最小単位の素子による増幅にこだわり、「Advanced UHC MOSシングルプッシュプル回路」を採用。従来モデルに比べ、定格電流は30Aから60Aに、瞬時供給電流は120Aから240Aへと倍増した。

 ヒートシンクには大型のアルミ押し出し材を用いて放熱性を高め、電源回路に十分な電源を供給。120W/8オーム、240W/4オームの大出力を実現し、能率の低いスピーカでもゆとりのある駆動が可能だ。

 入力端子には、アンバランス端子に加えバランス端子を搭載。外部プリアンプと接続して本機をパワーアンプとして使用できる、ゲイン固定入力「EXT. PRE」入力端子も装備した。MC/MM専用入力端子を備えたフォノイコライザには、CR型イコライザ回路を搭載。MC入力端子には入力インピーダンス切り替えも装備している。

 外部振動や外来ノイズを抑えるため、最大6mm厚のフロントパネルと、アルミ無垢材の削り出しノブを採用。ボリュームには入力バッファ回路不要でシンプルな回路構成が可能な、大型アナログ式ボリュームを採用した。本体サイズは高さ181mm×幅435mm×奥行き506mmで、重量は27.4kg。カラーはプレミアムシルバーのみ。


「PMA-SX11」

リアパネル

 DCD-SX11は、DSD 11.2MHz、PCM384kHz/32bit対応のUSB-DACを搭載したSACDプレーヤー。PCからのデータに混入するノイズ成分を排除する「PC Pure Direct」機能のほか、データ補間によるアナログ波形再現技術「Advanced AL32 Processing Plus」を搭載し、滑らかな波形再現はハイレゾ音源にも対応する。

 ステンレスと銅板を組み合わせて剛性を強化したトップパネル、アルミダイカストトレイ、1.6mm厚のスチールメカベースなど、各パーツを異なる素材で最適に構成した、オリジナル・ドライブ・メカニズム「Advanced S.V.H. Mechanism」を新たに開発。内部の振動を低減させるとともに、外部からの振動にも強い構造だ。

 リアパネルには、アンバランス出力端子に加えバランス出力端子を搭載。位相切り替えスイッチのほか、USB-A入力も備え、USBメモリからの再生は、DSD 5.6MHz、192kHz/24bitまでのハイレゾ音源にも対応している。本体サイズは高さ137mm×幅434mm×奥行き404mmで、重量は21.4kg。カラーはプレミアムシルバーのみ。


「DCD-SX11」

リアパネル
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集