logo

キヤノン、4K LCOSプロジェクタを開発--2016年市場参入へ

加納恵 (編集部)2015年09月01日 10時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンは9月1日、4Kデジタルシネマを上回る4096×2400ピクセルの解像度を持つ4K LCOSプロジェクタを開発したと発表した。2016年に4Kプロジェクタ市場に参入する。

 4096×2400ピクセルを持つ高解像度LCOSパネルを搭載し、4Kデジタルシネマを上回る解像度で高精細に投写することが可能。独自の光学システム「AISYS」により、5000lmの高輝度ながら大幅な小型・軽量化も実現しているという。

 4K対応ワイドズームレンズを搭載し、短い設置距離で大画面での投写を実現。ドーム型スクリーンなどの曲面に光学的にピントを合わせられる機能も搭載する。

 キヤノンではプロジェクタ製品「パワープロジェクター」シリーズのラインアップをさらに強化していく方針だ。


新開発された4K LCOSプロジェクタ
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集