logo

ソニー、おサイフケータイとしても使える時計「wena wrist」をクラウドファンディング

加納恵 (編集部)2015年08月31日 12時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは8月31日、新規事業創出プログラムの新プロジェクトとして腕時計に「おサイフケータイ」やスマートフォンとの連携機能などを持たせた「wena wrist(ウェナ リスト)」の期間限定クラウドファンディングを開始したと発表した。期間は2カ月間。


「wena wrist」

 クラウドファンディングとEコマースのサービスを兼ね備えたウェブサイト「First Flight」で実施している。

 wena wristは、バンド部に非接触IC技術である「FeliCa」機能を内蔵し、おサイフケータイ機能、スマートフォンと連動した電話やメールの着信、SNSの更新を光や振動で確認できる通知機能、歩数や消費カロリーなど活動量計としてのログ機能の3つを搭載した腕時計だ。

 Chronograph(クロノグラフ)とThree Hands(3針)の2タイプを用意し、カラーバリエーションはブラックとシルバー。クラウドファンディングでは3万4800円から6万9800円(税込)の支援コースを選べる。

 なお、9月4~9日に、ドイツのベルリンで開催される「IFA 2015」のTecWatchエリアでwena wristのタッチ&トライコーナーを用意するほか、9月15~18日に東京・品川のソニー本社1階にある「Creative Lounge」でもwena wristを体験できるとのこと。こちらは各日18~20時まで。

  • おサイフケータイ機能

  • スマートフォンとの連携

  • Chronograph(クロノグラフ)とThree Hands(3針)の2タイプを用意し、カラーバリエーションはブラックとシルバー

-PR-企画特集