logo

Netflix、芥川賞受賞作「火花」を映像化--2016年に独占配信

加納恵 (編集部)2015年08月28日 02時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Netflixは8月28日、吉本興業とともに又吉直樹さんの小説「火花」を映像化すると発表した。2016年にNetflixで独占配信する。


又吉直樹さんの小説「火花」を映像化

 火花は、お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹さんが書いた初の中編小説。153回芥川龍之介賞を受賞し、発行部数は230万部を突破している。原作者である又吉直樹さんは「どうなるのか僕も楽しみ。早く見てみたい」、Netflixの代表取締役社長であるグレッグ・ピーターズ氏は「日本にあるたくさんストーリーの中でも、以前から又吉直樹さんの『火花』をぜひNetflixで映像化したいと思っていた。日本、そして世界で配信できることを心よりうれしく思う」とそれぞれコメントしている。

 火花が映像化されるのは今回が初めて。2016年に日本のほか、世界でも配信するという。

 Netflixは、9月2日に日本でサービスを開始。8月24日には、ソフトバンクと業務提携し、加入申し込みを、SoftBankの携帯電話または光ブロードバンドサービス「SoftBank 光」を利用するユーザーを対象に、ソフトバンクショップや家電量販店などの店頭、ユーザー向け専用サイト、ソフトバンクのコールセンターで9月2日より受け付けることを発表している。

 国内では、「べーシックプラン」(税別月額:650円)、「スタンダードプラン」(同:950円)、「プレミアムプラン」(同:1450円)の3つのサービス形態で提供する。

 また、フジテレビジョンとのコンテンツ提携も発表しており、「テラスハウス」の新作となる「TERRACE HOUSE NEW SEASON COMING(仮)」とオリジナル連続ドラマの「アンダーウェア」を配信する予定だ。

-PR-企画特集