logo

オリンパス、5軸手ブレ補正機構搭載のミラーレス一眼「OM-D E-M10 Mark II」発売

エースラッシュ2015年08月26日 12時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オリンパスは8月25日、5軸手ブレ補正機構搭載のミラーレス一眼カメラ「OM-D E-M10 Mark II」を9月4日に発売すると発表した。

 「OM-D E-M10」の後継機種として登場したOM-D E-M10 Mark IIは、マイクロフォーサーズシステム規格準拠のミラーレス一眼カメラだ。スタイリッシュかつコンパクトなボディには、エントリーモデルとして初となるVCM式ボディー内5軸手ぶれ補正機構を搭載。縦・横2方向の“角度ブレ”に加え、夜景撮影を妨げる“回転ブレ”、マクロ撮影で顕著になる水平・垂直2方向の“シフトブレ”の計5方向に対応し、シャッター速度4段分の強力な補正が可能となっている。

 撮像素子には、有効画素数1605万画素の4/3型 Live MOSセンサを採用。そのほか、液晶に写る被写体をタッチするだけで直感的に撮れる「タッチAFシャッター」、秒間8.5枚の最速連写、高精細な236万ドットの電子ビューファインダー、14種類の「アートフィルター」と9種類の「アートエフェクト」なども特徴となっている。

 ボディカラーはブラックとシルバーの2種類を用意。ラインアップおよび市場想定価格は、ボディ単体が8万円前後(税別)、「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ」付属の「E-M10 Mark II 14-42mm EZレンズキット」が9万5000円前後(税別)、EZレンズキットに「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R」が付属する「E-M10 Mark II EZダブルズームキット」が11万円前後(税別)だ。


<OM-D E-M10 MarkⅡ 14-42mm EZレンズキット>
(左:ボディー色ブラック/右:ボディー色シルバー)
「OM-D E-M10 Mark II」+ 「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ」

<OM-D E-M10 MarkⅡ EZダブルズームキット>
(左:ボディー色ブラック/右:ボディー色シルバー)
「OM-D E-M10 MarkⅡ」
+ 「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ」
+ 「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R」

-PR-企画特集