logo

アビー、テレビとネットサービスを密接に--超小型PC「AFFINITY」

加納恵 (編集部)2015年08月24日 16時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PCパーツなどを手掛けるアビーは8月24日、映像配信サービスやハイレゾ音源を手軽に視聴できるPC「AFFINITY(アフィニティ) AFF-E101」を発表した。発売は8月28日。税別価格は4万6279円になる。


「AFFINITY(アフィニティ) AFF-E101」

 AFFINITYは、高さ45.5mm×幅143.6mm×奥行き83.8mmで、重量約600gのコンパクトPC。テレビとHDMI接続することで、映像配信サービスを大画面のテレビに映し出して視聴できるほか、PC内の静止画や動画を見ることができる。

 本体にはHDMIとD-Subを備え、デュアルディスプレイへの出力に対応。スピーカ接続による高音質オーディオを実現するオーディオポートなども備え、ハイレゾ音源の再生も可能だ。

 OSにはWindows 8.1 with Bing 64ビット日本語版を採用し、ストレージ容量は64Gバイト(eMMC)。プロセッサにはIntel Celeron Processor N2808(デュアルコア/1.58GHz)を搭載し、高性能と低消費電力を両立。eMMCの採用とファンレス設計により、静音性も確保している。

 USB端子は3系統備え、うち1つはUSB3.0をサポート。IEEE802.11b/g/nに準拠した無線LANとBluetooth 4.0にも対応する。ボディカラーはシルバー、ブラック、アクアブルー、ピーチ、シャンパンゴールド、ピュアホワイトの6つを用意。手のひらサイズのコンパクトボディとシンプルなデザインにより、リビングにも溶け込みやすいとしている。

  • 重量約600gのコンパクトサイズ

  • HDMI経由でテレビと接続ができる

  • USB端子は3系統、HDMI、D-subなどを備える

 
デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集