logo

LINE、友だちと居場所を共有できる「LINE HERE」を公開--最大200人のグループで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは8月19日、リアルタイム位置情報共有サービス「LINE HERE」(iOS/Android)を公開した。LINEまたはFacebookのアカウントを利用し、アプリをインストールしているユーザー間で、互いの居場所を共有できるサービスだ。


「LINE HERE」

 ユーザーは、アプリで最大200人が参加できるグループ(シェアルーム)を作成し、位置情報を共有したい相手にLINEやFacebook、SMSなどを通じて招待URLを送信。相手が承諾すると、互いのアイコンが地図上に表示される。ユーザーの移動とともにアイコンも移動し、位置情報をリアルタイムに共有・確認できる。

 現在地以外に、自宅・学校・会社など頻繁に訪れる場所や、目標地点の検索・設定にも対応し、位置情報を共有しているメンバーが指定した場所に近づいたり、離れたりした際に、プッシュ通知を受けとるように設定できる。これにより、子供が塾に行ったかを通知によって把握できたり、高齢者が自宅を離れた時に通知を受け取ったりといった使い方が可能だという。

  さらに、プライバシーを守るため、シェアルームごと(同時に複数のシェアルームを作成可能)の「タイマー設定」で、位置情報共有の有効時間を設定可能だ。個々のユーザー単位でも、自身の位置情報共有を任意にオフにできるため、ユーザーの意図しない位置情報が共有されることはないとしている。なお、タイマー設定は、基本設定は2時間で、時間制限なしから24時間まで1時間単位で設定・変更が可能。

-PR-企画特集