logo

ケンウッド、6年半ぶりのヘッドホン新製品--独自技術で低音を増強

加納恵 (編集部)2015年08月06日 17時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JVCケンウッドは、ケンウッドブランドからヘッドホンの新製品4機種を発表した。「クアッドダクトエンジン」を備えたオーバーヘッドタイプ2機種と、スマートフォン用のマイク付きリモコンを搭載したインナーイヤー型ヘッドホン2機種の計4機種をそろえる。

  • 6年半ぶりとなるケンウッドブランドのヘッドホン

 ケンウッドブランドのヘッドホンが発売されるのは2009年3月に登場した「KH-C511」以来、6年半ぶり。ケンウッドは、モータースポーツのスポンサーとして長い歴史を誇り、サーキット内で使用する無線機などから、ヘッドホンのイメージが強かったとのこと。そのため新製品の登場がユーザーからも望まれていたと、新製品登場の背景を話した。

 いずれも「KENWOOD」ロゴのWに付くトライアングルをイメージしたデザインを採用し、ケーブルやステッチなどのポイントにレッドカラーを採用。「非日常感があり、身に付けることで自尊心が沸き立つアイテム」をコンセプトに開発されたという。直販サイト「ビクターエンタテインメントオンラインショップ」のほか、JVCケンウッドがスポンサーになっているサーキット会場で販売され、家電量販店などでの取り扱いはしない。

 オーバーヘッドタイプは「KH-KZ3000/KZ1000」(税込価格:4万8400円/2万5000円)の2機種をラインアップ。ハイレゾ音源再生に対応する。

 両機種ともに、ハウジング部に4つのダクトを設けた、クアッドダクトエンジンを採用し、それぞれのダクトが異なる周波数の低域を受け持つことで、ライブ感あふれる豊かな低音を再現するとのこと。4つ合わせることで、低音を増強する。

 上位機となるKZ3000には、空気を効率的に使用し、低域の再現性を高める独自の「グラスファイバーPAサウンドディフューザー」も装備。ハウジング部の素材にガラス強化ポリアミドとアノダイズドアルミニウムを用いたほか、40mmの「トリプルネオジウムマグネットドライバーユニット」を搭載するなど、こだわりの設計が施されている。

 KZ1000は、40mmの「シングルネオジウムマグネットドライバーユニット」を搭載し、ハウジングにはABS樹脂を使用する。

 KZ3000はブラックカラーで重量は約270g、KZ1000はシルバーカラーで重量は約200g。両機種ともにケーブルは脱着式で、バランス対応になっている。

  • 「KH-KZ3000」

  • 「KH-KZ1000」

  • ケーブルは脱着式でバランス対応になる

 インナーイヤータイプの「KH-CRZ700/CRZ500」(税込価格:7980円/4980円)は、10mmのドライバユニットを搭載した、ダイナミック型ヘッドホンだ。

 上位機となるCRZ700のみ、セカンドマグネット、アンチバイブレーションステンレスリングを組み合わせたダブルネオジウムマグネットドライバユニットを搭載し、ライブ感のある重低音サウンドを再生する。

 両機種ともに、1.2mのケーブルに、iOS、Android搭載のスマートフォンを操作できるマイク付きリモコンを備える。

  • 「KH-CRZ700」

  • 「KH-CRZ500」

  • マイク付きリモコンを搭載する

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集