logo

スポーツ用イヤホン「JABRA SPORT COACH WIRELESS」--音声でトレーニングをサポート

加納恵 (編集部)2015年08月06日 14時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「JABRA SPORT COACH WIRELESS」

 GNネットコムジャパンは8月6日、Jabraブランドのスポーツ用イヤホン「JABRA SPORT COACH WIRELESS」(ジャブラスポーツコーチワイヤレス、以下COACH)を発売すると発表した。50以上のトレーニングメニューを設け、複合的なトレーニングができる「クロストレーニング」に最適としている。発売は8月7日。想定税別価格は2万4800円になる。

  • GNネットコムジャパンのコンシューマーソリューションズ ジャパンカントリーマネジャーである李明旭氏

 Jabraは、ヘッドセットのリーディングカンパニーとして知られるデンマークの企業、GN ネットコムが手がけるブランド。GNネットコムジャパンのコンシューマーソリューションズ ジャパンカントリーマネジャーである李明旭氏は「GNネットコムは、法人向けのヘッドセットのほか、コンシューマ向け製品も展開している。2013年からは音楽用に特化したBluetoothヘッドホンを発売。その中でも今最も注力しているのがスポーツ向けモデルだ。今回発表したCOACHは、50以上のトレーニングメニューからオリジナルのトレーニングプランを組み立てることで、初心者から上級者までが使用できるというもの。補聴器メーカーで培った技術も採用し、音には非常に自信がある」と話した。

 COACHは、インナーイヤー型のBluetoothイヤホンと専用アプリ「Jabra Sport Life」を組み合わせて使うワイヤレススポーツ用イヤホン。イヤホンには「Track Fitモーションセンサー」を内蔵し、専用アプリと連携することで、ペース、歩数、ルート(屋外でのトレーニングのみ)、ケイデンス、カロリー消費量、距離、時間が計測できる。

 アプリには「縄跳び」「ニージャンプ」「腹筋」「腕立て伏せ」など、50以上のトレーニングメニューを備え、それらの回数や秒数を決めてトレーニングメニューを組み合わせられることが特徴。5つのトレーニングメニュー例もプリインストールする。トレーニングメニューを設定しておけば、プラン通りにトレーニングが実行されているか、音声コーチングによる適正なガイダンスを受けることが可能だ。

  • フィットネスクラブ「GOLD'S GYM」所属の佐藤貴規氏によるトレーニングのデモンストレーション

  • 専用アプリ「Jabra Sport Life」を使ったトレーニングの流れ

  • 50以上のトレーニングから秒数や回数を組み合わせて使用する

 音声によるガイダンスのため、トレーニング中にスマートフォンの画面を確認することなく続けられ、計測したデータはアプリ上で一括管理ができる。アプリの対応言語は日本語、英語、フランス語、ドイツ語、簡体字中国語。スポーツアプリ「endomondo」「Runkeeper」「STRAVA」「MapMyFitness」「runtastic」などとのデータ共有にも対応する。

 ヘッドホンには、4サイズのイヤージェル、3サイズのイヤーウイングを付属し、耐衝撃、防塵、防滴設計を施す。ケーブル長は80cmで、マイク付きリモコンを装備。microUSB経由で充電できる充電池で駆動し、約5.5時間の使用が可能だ。重量は約16g。トレーニングメニューは随時追加予定としている。

  • Bluetoothイヤホン

  • ボディカラーは青、赤、黄色の3色を用意。ハウジング部に「TrackFitモーションセンサー」を内蔵する

  • 専用のイヤーチップとイヤーウイングなどが付属する

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集