logo

ドワンゴら、背景美術会社を設立--川上会長「アニメスタッフの社会的地位上げたい」 - (page 2)

井指啓吾 (編集部)2015年07月31日 16時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドワンゴ・川上量生氏

 一流のアニメーション美術の専門家のみなさまと一流のアニメプロダクション様のご協力を得て、このたび新しい背景美術の会社を設立することとなりました。微力ではありますが、「でほぎゃらりー」を大成功させて、アニメ業界の発展とアニメ業界に携わるスタッフの社会的地位の向上に貢献できればと願っています。

カラー・庵野秀明氏

 アニメの背景美術は、画面全体の7割を占め、作品の世界観を記し支える至極重要なパートです。アニメ制作のあらゆる過程がデジタル化されていく必然的な流れの中で、職人が紙と鉛筆と絵具と手描きに拘った作品世界が遺っていくのもまた色々な意味で良い事だと思います。微力乍ら応援させていただきます。一本でも多く世の中に美しくて面白いアニメ作品を作り遺していけたら、と思います。よろしくお願いします。

スタジオポノック・西村義明氏

 世界を魅了する日本最高峰の美術家たちを集結し、彼らの美しい背景美術に支えられた価値あるアニメーション映画を制作していくことは、高畑勲、宮崎駿両監督に育てられた僕たち後進の役割だと強く信じ、「でほぎゃらりー」を発起いたします。

スタジオジブリ・鈴木敏夫氏

 何処で生まれ、子ども時代、何処で育ったのか。北海道と九州の人では描くモノがまるで違う。空と大地と草木と空気。日本全国から美術家を集めて下さい。

地図・齋藤優一郎氏

 この間、才能溢れる美術家の方々と一緒に映画を作らせて頂けたことは大変ありがたく光栄なことと思っております。また今後とも、脈々と続くアニメーション映画の歴史に対し、新しいチャレンジをし続け、新しい映画の『絵』を描き続けていって頂けたらと思います。そして、一本一本、共に力を合わせ、無限に拡がるアニメーション映画の可能性に挑戦をして面白い映画を作っていけたらと思っております。どうぞ宜しくお願い致します。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]