logo

バンナム、スマホ向け「スーパーロボット大戦X-Ω」を今秋配信--セガゲームスが開発

佐藤和也 (編集部)2015年07月24日 18時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バンダイナムコエンターテインメントは、スマートフォン向けゲームアプリ「スーパーロボット大戦X-Ω(クロスオメガ)」を、今秋に配信すると発表した。対応OSはiOS/Android、利用料はダウンロード無料のアイテム課金制。

  • キービジュアル

 本作は、さまざまなアニメ作品のロボットなどが登場する「スーパーロボット大戦」シリーズの新作で、スマートフォン向けゲームアプリとしては初めてのタイトル。開発にはセガゲームス、監修とシナリオ制作はB.B.スタジオが担当している。スマートフォン画面の遊びやすさを追求したラインオペレーションバトルを採用し、家庭用ゲームシリーズとはひと味違う爽快バトルが楽しめるという。

  • 開発中の画面写真

 参戦作品として「マジンガーZ」「グレートマジンガー」「UFO ロボ グレンダイザー」「ゲッターロボ」「超電磁ロボ コン・バトラーV」「超電磁マシーン ボルテスV」「無敵鋼人ダイターン 3」「戦国魔神ゴーショーグン」「聖戦士ダンバイン」「装甲騎兵ボトムズ」「機動戦士Zガンダム」「機動戦士ガンダム ZZ」「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」「機動戦士ガンダム SEED」「機動戦士ガンダム 00」「機動戦士ガンダム UC」「超獣機神ダンクーガ」「トップをねらえ!」「勇者王ガオガイガー」「フルメタル・パニック!」「オーバーマン キングゲイナー」「創聖のアクエリオン」「交響詩篇エウレカセブン」「コードギアス 反逆のルルーシュ」「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」「・ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」といった、シリーズおなじみの作品に加え、「STAR DRIVER 輝きのタクト」と「ゼーガペイン」が新規参戦作品として登場する。

 公式サイトではPVとウェブ番組を公開。また配信に向けた事前登録も開始したという。

(C)賀東招二・四季童子/ミスリル
(C)カラー
(C)サンライズ
(C)SUNRISE・BV・WOWOW
(C)SUNRISE/PROJECT GEASS Character Design (C)2006 CLAMP・ST
(C)サンライズ・プロジェクトゼーガ
(C)創通・サンライズ
(C)ダイナミック企画
(C)東映
(C)BANDAIVISUAL・FlyingDog・GAINAX
(C)PRODUCTION REED 1981
(C)PRODUCTION REED 1985
(C)BONES/STAR DRIVER製作委員会・MBS
(C)2004 河森正治・サテライト/Project AQUARION
(C)2005 BONES/Project EUREKA

-PR-企画特集