logo

クラウドファンディング「A-port」、初期8案件のうち7件が目標達成--2300万円超えも

井指啓吾 (編集部)2015年07月24日 11時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 朝日新聞社のクラウドファンディングサイト「A-port(エーポート)」が7月23日、開設から120日を迎えた。初期案件8つのうち7つが目標を達成。話題となっていた、捕鯨問題に正面から向き合うドキュメンタリー映画を制作するプロジェクトは、目標金額の1500万円を大きく上回る2325万円が集まった。

  • プロジェクト「クジラを巡る世界的論争描く、日本人監督初の本格ドキュメンタリー映画」

 このドキュメンタリー映画のプロジェクトは、2010年頃から和歌山県太地町や国際捕鯨委員会(IWC)総会、反対運動をする環境保護団体シーシェパードなどの取材、撮影をしている、映画監督の佐々木芽生氏が立ち上げたもの。メディアで取り上げられたことなどから、支援が右肩上がりに増えていたという。

 目標を上回る支援を集めたことについて、佐々木氏は「ただただ感無量です。応援して下さった全国のみなさんに、『ありがとう!!』と大声で叫びたい気持ちです」とコメント。

 A−portに対しては「適切な言葉選び、発信方法、メディアへのアプローチまで、貴重なアドバイスを沢山いただけたのは、幸いでした。A-portは、資金調達のためのプラットフォームを超えて、社会に変革を起こすパワーを秘めた『発信基地』にもなり得ると信じています」と感想を述べている。

-PR-企画特集