logo

マイクロソフト、デバイスやサービスでさらなる組織変更の詳細が明らかに

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年07月22日 10時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは先に発表した組織変更で、社内のサイロを減らすべく製品とサービスの統合を進めている。

 最高経営責任者(CEO)のSatya Nadella氏による最新の組織変更に関する発表に続いて、情報筋より追加の情報を得ることができた。

 今回の組織変更の一部として、デバイス部門を率いていたStephen Elop氏はMicrosoftを退社し、同部門は「Windows」を率いるエグゼクティブバイスプレジデントのTerry Myerson氏の下に入る。

 Elop氏の退任により、Surface担当コーポレートバイスプレジデントのPanos Panay氏の役割が大きくなっているようだ。Panay氏はElop氏の業務だった財務、マーケティング、サプライチェーンには関与していないが、Microsoftの全プレミアムデバイス関連の業務を統括するという。これには、「Surface」「Windows Phone」「Xbox」「Surface Hub」(カンファレンスシステム)、「Microsoft Band」(フィットスバンド)、「HoloLens」(ARデバイス)などが含まれる。

 Microsoftの担当者もこれを認め、Panay氏が「プレミアムデバイス(のエンジニアリング)を引き継ぐ」と述べた。

 情報筋によると、Panay氏がプレミアムデバイスを統括するという変更は社内で7月中旬に発表されたという。Panay氏の新しい肩書きについて、正確にはわからない。

Panos Panay氏
Panos Panay氏

 このほか、アプリケーションとサービスグループのエグゼクティブバイスプレジデントを務めるQi Lu氏の周辺でも変化があるようだ。すでにOneDrive/SharePoint(ODSP)チームにJeff Teper氏が戻ったことがわかっている。

 複数の内部の電子メールによると、MicrosoftはOneDrive/SharePointとOutlook/Exchangeの両チームを統合するようだ。これには「Office 365」と「Yammer」チームも加わる。

 これらのチームを統括するのはコーポレートバイスプレジデントのRajesh Jha氏だ(Jha氏はすでにOffice 365サービスとOutlook/Exchangeチームのトップを務める)。

 Temper氏はOneDrive/SharePointのトップとして、Jha氏の直属となる。Microsoftが2014年に買収したAcompliのトップだったJavier Soltero氏はコーポレートバイスプレジデントとなり、Harve Bhela氏に代わってOutlookのプログラムマネージャーを務める。Bhela氏は、クラウドとエンタープライズ事業に移るWindowsのベテランであるDavid Treadwell氏に代わってWindows部門に移籍する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集