logo

「Windows 10 Home」、システム更新はユーザーへの通知なしに自動で実行

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 緒方亮 吉武稔夫 (ガリレオ)2015年07月21日 11時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Windows 10 Home」を使うにはMicrosoftの示す使用許諾条件に同意する必要があるが、そこには、システム更新が自動的にインストールされることに同意するものとする、とある。

 ライセンス使用許諾契約の条件を承諾すると、これに同意することになるのだが、みなさんは、エンドユーザーライセンス契約をしっかり読んでいるだろうか?

 「更新。本ソフトウェアはシステムとアプリの更新を定期的に確認し、これをダウンロードしてインストールする。ユーザーが更新を入手できるのはMicrosoftまたは認可された発行元からのみであり、この更新を提供するため、Microsoftがユーザーのシステムを更新することが必要になる場合がある。本契約を承諾することにより、ユーザーはこのような自動更新を追加の通知なく受け取ることに同意するものとする

 実際問題として、この件に関してユーザーが自分で決められるのは、システム再起動のタイミングだけだ。自動的に再起動するか、都合がいいときに再起動するかを選択できる。

 「Windows 10 Pro」のユーザーは、もう少し自分でシステムを制御でき、機能更新を遅らせることができるWindows 10のCurrent branch for Business(CBB)に切り替えることができる。ただし、遅らせすぎると、セキュリティ更新もブロックされてしまう。

 Windows 10の更新を完全に制御できるのは、「Windows 10 Enterprise」のLong Term Servicing branch(LTS)を選択したユーザーのみだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集