マイクロソフト、「Windows Store」と「Windows Phone Store」を統合

Lance Whitney (CNET News) 翻訳校正: 水書健司 吉武稔夫 (ガリレオ)2015年07月17日 11時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftはオンラインストアを刷新し、従来の「Windows Store」と「Windows Phone Store」を統合して、1つの大きな仮想ショッピングモールにした。

 新たにデザインし直されたアプリストアは、PC、タブレット、携帯電話のすべてのデバイスで「Windows 10」の利用体験を統一しようというMicrosoftの試みの一環だ。

 このアプリストアは、真の「統合アプリストア」に向かう1つのステップだ。真の統合アプリストアでは、全種類のWindowsデバイスだけでなく、ゲーム機「Xbox」を含めたその他の機器のすべてにアプリが提供される。Microsoftの広報担当者は米CNETに対し、このサイトで「Windows」アプリと「Windows Phone」アプリの両方が探せることを認めたものの、これは新しい「統一されたWindows Store」ではないとも述べた。真の統合アプリストアの扉は、まだ開かれていないのだ。

 今のところ、アプリをインストールするには、以前と同様に「Windows 8. 1」またはWindows 10を搭載したデバイスでWindows Storeを開くか、あるいはWindows Phoneの携帯電話機でWindows Phone Storeを訪れる必要がある。

 将来的に、Microsoftが真の統合アプリストアを公開すれば、そんな必要はなくなるかもしれない。


提供:Microsoft/screenshot by Lance Whitney/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加