logo

Misfit、新フィットネストラッカー「Flash Link」を19.99ドルで発売--新アプリも登場

Matthew Miller (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 水書健司 福岡洋一 (ガリレオ)2015年07月17日 10時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Misfitは米国時間7月16日、同社の多機能フィットネストラッカー「Misfit」ファミリの3つめの製品「Misfit Flash Link」と、新しいFlash Linkおよび既存の「Flash」用のアプリ「Misfit Link App」をリリースした。

 また、同社は「Misfit Shine」の販売価格を69.99ドル、「Misfit Flash」を29.99ドルに改定した。従来の価格はShineが99.99ドル、Flashが49.99ドルだった。

Misfit Flash Link

 Misfit Flash Linkはシリーズ共通のボタンのような形状で、外観はFlashやShineとよく似ており、交換可能で持続時間の長いボタン電池CR2032を内蔵する点も同じだ。オニキス、フロスト、リーフ、コカコーラレッドの各色が用意され、価格はわずか19.99ドルとなっている。

 Flash Linkのパッケージには本体とクラスプが同梱される。スポーツバンドはこのパッケージに含まれないが、9.95ドルで別途購入できる。

 Misfit Flash Linkで記録できるのは、歩数、消費カロリー、移動距離、睡眠ログだ。電池は約6カ月間もつとされ、本体は水深30mの防水仕様となっている。

Misfit Link App

 「Misfit App」は「iOS」と「Android」に対応し、Misfitのフィットネストラッカーが収集したデータの閲覧に用いられる。また、このアプリに友人を追加して競争することで運動へのモチベーションを高めることもできる。

 一方、新しい「Misfit Link App」は、Misfit FlashやMisfit Flash Linkをさまざまなデバイスとリンクさせ、Misfitウェアラブル端末のボタンでデバイスを操作できるようにするアプリだ。現時点でMisfit Link AppはiOSのみに対応するが、Android版も開発中だという。

 Misfit Link Appには、自撮りカメラの起動、音楽再生のコントロール、プレゼンテーションでのスライドの送り、スマートLED電球「Misfit Bolt」のオンオフ、「Nest」や「Spotify」などとの接続といった機能もある。


提供:Misfit

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集