logo

iPhone版とiPad版の「OneNote」が1つに--進むマイクロソフト製アプリのユニバーサル化

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年07月17日 10時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間7月16日、これまで「iPhone」用と「iPad」用で分かれていた「OneNote」アプリを、1つのユニバーサルアプリに統合した。また「Android」用OneNoteもアップデートした。

 同社のユニバーサルアプリに関するニュースはもう1つある。Microsoftは、「Windows 10」用「Office」ユニバーサルアプリ群を、プレビュー版から正式版に移行した。対象となったのは、タッチ操作とモバイルでの利用を優先したWindows 10用の「Word」「Excel」「PowerPoint」「OneNote」「Outlook」だ。

 Microsoftの担当者は先週、PC版Windows 10用のこれらのユニバーサルOfficeアプリについても、7月29日から正式版が提供されると述べていた。

 Microsoftの担当者は過去に、画面サイズが10.1インチ以下のWindows 10デバイスに対しては、新しいユニバーサルOfficeアプリは無料で付属すると述べている。正式版に移行したことで、画面サイズが10.2インチ以上のデバイスについては、iOS版やAndroid版と同じく、高度な機能のアンロックにOffice 365への登録が必要になるという。

 Microsoftは、現在iPad用のOneNoteを使用しているユーザーに対して、次のような説明をしている。

 現在iPadでOneNoteを使用しているユーザーは、ストアで新しいOneNoteアプリを入手する必要がある。現在のiPad用OneNoteを開くと、アプリを入手するための手順が表示される。iPhoneユーザーであれば、何もする必要はない。iPadアプリがiPhoneアプリに統合されたため、iPhoneでは今使っているものを使用できる。

 iOS用の新しいOneNoteアプリには、iPhone版向けの多くのアップデートが含まれており、これらはiPadでも利用できるようになっている。Android版のOneNoteはすでにユニバーサルアプリ化されており、スマートフォンでもタブレットでも同じアプリが動作する。

 Microsoftは、異なるプラットフォームでできるだけ多くのコードを再利用することを目的として、iOS、Android、Windowsで、Officeのユニバーサルアプリ化を進めている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集