logo

企業向けメッセージアプリ「Beat Messenger」提供開始--ビートコミュニケーション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビートコミュニケーションは7月21日、1対1やグループでチャットができる企業向けメッセージアプリ「Beat Messenger(ビートメッセンジャー)」(iPhone/Android)の提供を開始した。提供プランは、100ユーザー月額5万円から。同社では2015年度中に新規で100社の導入を目標とし、提供後の顧客ニーズをもとに機能を拡張していく予定だという。


 同社の社内SNSサービス「Beat Shuffle(ビートシャッフル)」と連携可能。情報の蓄積情報(ストック情報)はBeat Shuffleで共有し、日々の業務連絡のような即時性が求められる情報の発信(フロー情報)はBeat Messengerで共有するとった使い分けをすることで、ストックとフローに分けられる社内のコミュニケーションの双方を網羅して業務を効率化できるという。


「Beat Messenger」の特徴
 

 なお、Beat Shuffleの利用者は、Beat Messengerの利用時にユーザー情報が同期され、そのまま利用可能だ。


「Beat Messenger」 価格

-PR-企画特集