e☆イヤホンが誇る3人のドクター--ヘッドホンリペア&カスタマイズのスゴ技

加納恵 (編集部)2015年07月20日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 東京都・外神田にあるe☆イヤホン秋葉原店。店舗はビルの4階に位置している。

 東京都・外神田にあるe☆イヤホン秋葉原店。店舗はビルの4階に位置している。

 タイムマシンが運営する「e☆イヤホン」は、ヘッドホンをはじめ、デジタルオーディオプレーヤーやポータブルアンプなどを取り扱うポータブルオーディオの専門店だ。新製品の販売から中古の買い取り、パーツの取り扱いまでとその業務は幅広いが、秋葉原店、大阪日本橋本店ともに「eイヤホン クリニック」というリペア、カスタマイズコーナーも設けている。

 ケーブルの断線から、パーツの入れ替え、さらには折りたたみモデルへのカスタマイズまで請け負うのは「eイヤホンクリニックドクター」と呼ばれる専任スタッフ。1人平均1500件以上のリペア、カスタマイズを手がけてきた凄腕のクリニックドクターである稲垣雄太氏、來田氏智氏(秋葉原店)、伊津美淳氏(大阪日本橋本店/@eear_ikkun)に話を聞いた。


左から來田智氏、稲垣雄太氏(秋葉原店)、伊津美淳氏(大阪日本橋本店)

手がけたリペア&カスタマイズは1500件以上、3人の“凄腕ドクター”

--eイヤホン クリニックはいつ頃立ち上げられたのですか。

稲垣氏 ソニーのヘッドホン「MDR-CD900ST」をカスタマイズしたことが発端で、リケーブル対応にしたり、折りたたみ(折りたたみへのカスタマイズは現在パーツ生産終了にともない対応が不可)できるようにしたり、と改造をしていました。MDR-CD900STは、スタジオモニタとしても知られるロングセラーモデルで、スタンダードモデルだからこそ、自分用に使いやすくしたいというご要望があり、取り組んでいました。

 それと同時に、店舗ではパーツも取り扱っていて、販売していても直す人がいなかったんですね。じゃあ、修理するところまでやろうかという形で始まりました。それが3年くらい前です。

伊津美氏 大阪日本橋本店も同じような感じで、当初は買い取りカウンターの裏などでやっていました。修理の度にテーブルを出して、周り片付けて、みたいな感じで(笑)。

稲垣氏 そんな感じでスタートしたので、当初は1日1件あればいいね、くらいの感じだったのですが、ここ最近は徐々に増えてきて、現在1日平均10~20件くらいの修理に対応しています。

伊津美氏 大阪でも10~20件くらいはありますから、東京、大阪の2店舗合計で1日で30件くらいを受け付けています。

--依頼件数が増えてきたのには、きっかけがあったのでしょうか。

稲垣氏 リペアやカスタマイズを受けたときに、1つずつ出来上がったものを撮影して、それをTwitter(@eear_gacky)で紹介していったんですね。実際にやりながら、リペアやカスタマイズのバリエーションを増やしていき、同時に「こんなこともできます」と紹介することで、お客様が増えていった感じです。

--これはすごかった、という改造にはどんなものがありますか。

伊津美氏 ケーブルをイチから作ったときは面白かったですね。「こんな感じ」とデザイン的な好みと音の雰囲気を伝えていただいて作ったのですが、世界に1本だけのケーブルになりますから、作っていて楽しかったです。その後も作って欲しいというお客様はかなりいらっしゃいます。

來田氏 ステレオヘッドホンのモノラル化もできるんです。お仕事で片耳だけ使うという方から多い依頼なのですが、片耳で左右両方の音が出せるようにケーブルを細工しています。片耳用のヘッドホンも市販品があるのですが、音質にこだわりたい方向けには、カスタマイズできます。最近地味に多いケースですね。

稲垣氏 カスタマイズのご依頼は本当にいろいろありますが、中でも特に面白かったのは、あるヘッドホンのドライバ部を、ほかのヘッドホンの中に移植させたときですね。まったく別の新しいヘッドホンになりました。

最も多い依頼は断線、壊れにくい提案も

--最近多いカスタマイズやリペアの依頼は。

伊津美氏 バランス駆動に改造されるケースが増えてきました。これはバランス出力対応のハイレゾプレーヤーやポータブルアンプが増えてきている影響なのですが、そうした最新プレーヤーにあわせて、ヘッドホンも変えたいというお客様が多いですね。新たに買い直すと結構な金額がしてしまいますが、e☆イヤホンでは、パーツ代だけで作れるので、気軽にバランス駆動に変更できると思います。

稲垣氏 リペアだとやはりケーブルの断線が多いです。音楽を聞かない時にヘッドホンのケーブルをプレーヤーやスマートフォン側に巻きつけておく方は多いと思いますが、あれが断線の一番の要因です。ケーブルは鋭角に曲げることでダメージを受けてしまいますから。

 リペアの際も、プレーヤーをポケットに入れて使用されることが多い方ならストレートプラグ、カバンに入れて聞かれる方ならL型プラグと、ケーブルを曲げないようにお客様の利用される環境に応じて使えるご提案も行っています。

--お話を聞いていると、どんなものでも対応していただけそうなのですが。

稲垣氏 もちろんヘッドホンの構造上できないこともあるのですが、それでも最善策をご提案していきたいと常に思っています。e☆イヤホンでリペアなりカスタマイズしたヘッドホンは、できれば一生使っていただきたい。そう思いながら。1つ1つ作っています。

 なかには100円均一で購入したヘッドホンを修理してほしいと来てくださるお客様もいます。買い直したほうが安くすみますが、「どうしても気に入っているから」と修理を希望される方には、もちろん修理させていただきます。

來田氏 あとは大切な人からのいただきものなので、直したいという方もいらっしゃいますね。

稲垣氏 そうした代替えがきかないものもありますから、ぜひ一度ご相談にきていただけるとうれしいです。修理だけではなくて、一番いい状態で音楽を聞けるようにするにはどうしたらよいのか、そこを探ってご提案していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加