キヤノン、約169gの軽量モバイルプロジェクタ「C-5」

加納恵 (編集部)2015年07月13日 14時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「ミニプロジェクター C-5」

 キヤノンマーケティングジャパンは7月13日、軽さ約169gのモバイルLEDプロジェクタ「ミニプロジェクター C-5」を発表した。胸ポケットに入れて持ち運べる。発売は8月上旬。想定税別価格は2万9800円前後になる。

 サイズは高さ20mm×幅124mm×奥行き71mmのコンパクトボディで、外出先などでの使用に最適。解像度は640×480ピクセルで、明るさは50ルーメンになる。映像素子にはDLPを採用し、光源はLED。約1万時間の使用が可能だ。

 本体には、MHL対応のミニHDMI端子とステレオミニ端子を装備。1Wのモノラルスピーカを内蔵し、これ1台で視聴ができる。

 充電池で駆動し、最大3時間の連続使用を実現。ボディカラーはディープブルーとシルバーの2色をそろえる。

  • MHL対応のミニHDMI端子とステレオミニ端子を備える

  • HDMIケーブルやMHLケーブルに加え、ミニ三脚を同梱する

  • 高さ約20mmのスリムボディ。サイドにはフォーカス調整を搭載

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加