キングジム、「テプラ」初のBluetooth対応モデル--アプリの翻訳機能や縦書き印刷も

佐藤和也 (編集部)2015年07月07日 17時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キングジムは、ラベルライター「テプラ」PROシリーズの新製品として、テプラとして初めてBluetooth接続に対応した新モデル「テプラ PRO SR5500P」を7月31日に発売することを発表した。価格は税別で1万8000円。

  • テプラ PRO SR5500P

 このモデルはキーボードがないタイプのテプラで、パソコンに接続し専用ソフトを使用して文字などを入力することにより、ラベル作成用のプリンターとして活用できるというもの。特徴はパソコン接続専用機で初めて電池駆動に対応。また、iOS端末とBluetooth接続により、iOSアプリ「TEPRA LINK」で作成したラベルを印刷できる。これにより電源やパソコンのない場所でも使用可能とうたっている。

 またTEPRA LINKでは、新たにGoogle翻訳を活用した翻訳機能を追加。さらに横書きに加え、新たに縦書き印刷にも対応する。ちなみに翻訳機能はテプラシリーズ共通PCラベルソフト「SPC10」にも追加する。

 サイズは幅54mm×奥行き132mm×高さ146mm。重さは乾電池とテープカートリッジを除いて約440g。本体色はブルー。単3電池6本で駆動するほか、付属のACアダプタに対応している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加