logo

マイクロソフト、「Visual Studio 2015」を米国時間7月20日にリリースへ

Asha Barbaschow (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年07月01日 10時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは「Visual Studio 2015」の発売日を米国時間7月20日と発表した。「Windows 10」「Windows 10 SDK」「Visual Studio Universal Windows App Development Tools」の発売日(7月29日)の9日前となる。

 Visual Studio 2015は「Visual Studio 14」という開発コードで呼ばれていた。「Universal Windows Platform(UWP)」を利用する開発者は、Visual Studio 2015のダウンロードを9日待つ必要がある。

 Microsoftはブログで、リリース版のVisual Studio 2015はプレリリース版のWindows 10 SDKおよびUniversal Windowsアプリツールを利用できないと説明している。リリースとリリースの間の9日間、UWPアプリの開発はできないとのことだ。7月29日まで待って両方をインストールし、その間はVisual Studio 2015 RC(リリース候補)を引き続き利用する、という方法をMicrosoftは推奨している。

 両方をダウンロードした後、ユーザーは継続してWindows 10アプリの開発作業を進めることができ、断続することなくUWPをターゲットに開発できるとしている。

 7月末までにUWPアプリの作業をする予定がない場合は、アップデート前にWindows 10 SDKのベータ版をアンインストールするだけでよいという。

 Visual Studio 2015はWindows版のみだが、MicrosoftはLinux、Max OS X上で利用する開発者向けに「Visual Studio Code」というクロスプラットフォームソリューションを開発している。Visual Studio Codeは4月に開催した自社イベント「2015 Build」でローンチし、その後パブリックプレビュー版をリリースしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集