logo

日本の漫画をインドネシアへ--eBookJapan、電子書籍配信事業でELEXらと事業提携

坂本純子 (編集部)2015年06月30日 18時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電子書籍販売サイト「eBookJapan」を運営する、イーブックイニシアティブジャパン(eBookJapan)は6月30日、インドネシア国内最大手の総合メディア企業グループ「コンパス・グラメディアグループ」傘下のELEXおよびM&Cと事業提携したと発表した。今秋より、インドネシア語に翻訳されたマンガを中心とした電子書籍配信事業を展開する。

 コンパス・グラメディアグループはインドネシアで発売されている日本のマンガの90%を出版しているインドネシア最大の総合メディア企業だ。インドネシア語市場への進出のための事業提携は、eBookJapanのグループ会社であるトキオ・ゲッツがコーディネートを行っている。トキオ・ゲッツはインドネシアにおけるキャラクターライセンスプロモーションやイベントプロデュースにおいて多数の実績を持ち、今後プロモーションイベントのプロデュースを中心に、プロモーション活動の一翼を担う。

 東南アジアにおける事業展開において障壁となりがちな「決済」に関しても、さまざまな現地企業と提携し、多様な決済手段を提供できるとしている。

-PR-企画特集