logo

横浜の3DCGホログラフィック専用劇場が9月上旬に開設へ--名称は「DMM VR Theater」

佐藤和也 (編集部)2015年06月30日 17時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 横浜駅西口に建設中の、世界初をうたう3DCGホログラフィック専用エンタテイメント劇場について、名称を「DMM VR Theater」として2015年9月上旬にオープンすることが発表された。

 この施設はZeppホールネットワーク、相鉄エージェンシー、ローソンHMVエンタテイメント、ワイドワイヤワークスの4社で組成されたシアターVR有限責任事業組合が設立、運営を行うもの。最新のサイネージ技術を駆使し、ホログラフィック演出を可能にするステージ機能を備えたエンタテイメント劇場。原則として舞台上に生身の人間が登場しないCG映像のみの公演をコンセプトとしている。場所は神奈川県横浜市の横浜駅西口(西区南幸2-1-5)。施設面積は約800平方メートルで、施設定員は385名となっている。

 名称については、DMM.comによるネーミングライツの取得により、DMM VR Theaterに決定したとしている。

  • 劇場イメージ

  • ホログラフィックの原理

-PR-企画特集