logo

サムスンの「Tizen」搭載「Z1」、インドで販売台数が100万台突破--新端末リリースのうわさも

Kevin Tofel (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年06月30日 10時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスンは2015年上半期に、「Tizen」搭載スマートフォン「Z1」をインドで100万台販売した。

 それでも、同じ価格帯の100ドル未満のスマートフォンがインドで毎月280万台販売されているとThe Economic Timesは報じている。人口が12億5000万人を超えるインドで、サムスンのZ1は、同じ価格帯で販売されているGoogleの「Android」を搭載するスマートフォンにはまだ大きく引き離されている。

 また、サムスンはTizenを搭載する複数の新しい携帯端末を、さまざまな価格帯で2015年にリリースする予定だという。Reutersが米国時間6月29日、情報筋らの話として報じた。これにより、サムスンは今後、ローエンドのTizen搭載スマートフォンを足掛かりに、ミッドレンジや、さらには主力端末へと基盤を拡大していく可能性がある。一方で、Tizenはアプリのタイトル数などで、GoogleのAndroidやAppleのiPhonesといったプラットフォームに遅れをとっており、Tizen端末向けアプリの開発者を引きつけようと取り組んでいる


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集