logo

データセンターのサーバは3割が「非稼働」--300億ドル超の無駄遣い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Anthesis Groupとスタンフォード大学の研究者が実施した調査によると、データセンターで使われている物理サーバの30%が「昏睡状態」にあり有効利用されていないという。つまり、企業はデータセンターに投資した金額の3分の1近くをドブに捨てており、その金額は300億ドルを超えるという。

 この調査で昏睡状態にあると定義したサーバは、6カ月以上にわたって情報を配信していない、もしくは演算サービスを提供してないもの。台数に換算すると、スタンドアロンのサーバと仮想環境のホストサーバを合わせて全世界に約1000万台あるという。

 データセンターに対する投資額からインフラ構築と運用に関するコストを除くと、昏睡サーバ1台当たり3000ドルが無駄になっており、総額は300億ドルを超える計算だ。

 調査を担当したスタンフォード大学のJonathan Koomey氏は、「サボっているサーバをなくせば、全世界でギガワット台の電力に相当するIT処理負荷を節約できる」と指摘している。

-PR-企画特集