logo

カナルワークス、重低音を重視したカスタムIEM--3ウェイ5ドライバを搭載

加納恵 (編集部)2015年06月19日 13時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「CW-L33BB」

 カナルワークスは6月19日、重低音再生を重視したカスタムインイヤーモニタ「CW-L33BB」を発表した。3ウェイ5ドライバを搭載する。受注開始は7月4日。カナルワークスオンラインショップ価格は11万円になる。完全受注生産品で、注文の際は耳型採取が必要になる。

 CW-L33BBは、ダンスミュージックやヒップホップなどのリスニングに特化した重低音再生モデル。低音用に2基、中音用に2基、高音用に1基のバランスドアーマチュアドライバを内蔵する。

 低音域用ドライバには、複数の音響管とチャンバ(空気室)による高次音響フィルタを新開発し、搭載することで、ボーカル域への音のかぶりを最小限に抑え、キレの重低音再生をサポート。すべてのドライバを高剛性の金属振動板を持つバランスドアーマチュア型で構成することにより、重低音でのビート再生時に起こりがちな音つぶれを感じさせない高解像度の再生が可能になったとしている。

 本体とケーブルはコネクタ接続を採用し、断線時の交換が可能。標準テーブルのほか、極細の「ステルスケーブル」も選択できる。標準ケーブルを各種バランス接続対応プラグに交換するオプションサービスも用意している。

 本体は25色のカラーバリエーションから選択でき、別途料金にてリアルカーボンプレートやメタルプレート、ラインストーンなどのオプションも可能だ。

  • 本体とケーブルはコネクタ接続を採用

  • 極細の「ステルスケーブル」も選択できる

  • 高次音響フィルタ

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集