logo

パイオニア、車のバックミラーに情報を表示--ミラー型テレマティクス端末

加納恵 (編集部)2015年06月17日 16時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ミラー型テレマティクス端末

 パイオニアは6月17日、車載用のLTE通信モジュールを搭載したミラー型テレマティクス端末を発表した。次世代型法人車両ソリューション向けに提供を開始する。

 ミラー型テレマティクス端末は、ハーフミラータイプの5型静電式タッチパネル付き液晶を採用し、車のバックミラーに簡単に取り付けられるもの。液晶ディスプレイ上で、運転支援告知、業務指示メッセージなどさまざまな情報の表示や、動態情報の操作ができる。

  • レーン移動検知

 NTTドコモのLTE回線を使って常時ネットワークに接続するため、クラウドサービスを活用したリアルタイムな車両、動態管理が可能。カメラ映像のアップロードにより、遠隔からでも状況確認ができる。

 情報を表示しない時には全面をバックミラーとして使用でき、別売のバックカメラを接続してバックカメラのモニタとしても使える。内蔵の広角車載フロントカメラで撮影した画像を、独自の画像センシング技術を用いて解析することで、前方車両発信検知、レーン移動検知などを画像と警告音で知らせる安全運転支援サービスも実現する。

 用途に応じた専用アプリをインストールでき、バージョンアップはネットワーク経由にて対応。パイオニアの業務用車両向けテレマティクスサービス「ビークルアシスト」にも7月中に対応予定としている。

 

-PR-企画特集