logo

オンキヨー、初のカスタムIEMを7月発売--シーメンスと協業で

加納恵 (編集部)2015年06月16日 19時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • オンキヨーから発表されたカスタムインイヤーモニター

 オンキヨー&パイオニアイノベーションズは6月16日、オンキヨーブランドからカスタムインイヤーモニタ(カスタムIEM)を発表した。補聴器ブランド「シーメンス」で知られるシバントスとの協業により発売するもので、バランスドアーマチュアドライバを搭載した3モデルをそろえる。発売は7月17日。

 音響設計はオンキヨーが担当し、耳型採取や製造の部分をシバントスが請け負う。補聴器の製造行程をそのまま活用することで、通常1~3カ月程度の納期が7営業日にまで短縮できる。

 発売されるのは、フルレンジドライバを1基搭載した「IE-C1」(想定税別価格:5万9800円前後)、ウーファ、トゥイータ用のドライバを2基備えた「IE-C2」(同:7万9800円前後)、ウーファ、トゥイータ、ミッドレンジと計3つのドライバを内蔵した「IE-C3」(同:11万9800円前後)の3モデルになる。

  • 「IE-C1」

  • 「IE-C2」

  • 「IE-C3」

 いずれも、バランスドアーマチュアドライバをシリコン製のクッションで包み、筐体に固定した「フローティング構造」を採用。不要な振動と共振を抑え、輪郭のくっきりとした明瞭な音を再現する。

 最も遮音性の高い「プロ・ミュージシャン」、通常の「スタンダード」、外部の音も聞こえるよう密閉度を下げた「スポーツ」の3タイプから遮音性を選択することが可能。ハウジング部のカラーバリエーションは12色、ケーブルは3色から選べる。

 耳型を採取し、その耳型を3Dデータ化したものをベースにハウジング部を成形。アンプ、ドライバなどの部品を組み込むことで完成する。これらの工程はシーメンスのオーダーメイド型補聴器と同様で、いずれの工程もすべて国内拠点で実施する。最新の3Dプリンタと国内生産により、耳型が工場に到着してから約7営業日で工場から商品を発送できるという。

  • 一般的なカスタムIEMに比べ納期が大幅に短縮できる

  • 「IE-C1」(左)と一般的なカスタムIEM(右)。小型化されている

  • 「フローティング構造」を採用する


オンキヨー&パイオニアイノベーションズ代表取締役社長である宮城謙二氏

 オンキヨー&パイオニアイノベーションズ代表取締役社長である宮城謙二氏は「カスタムIEMはオンキヨーとパイオニアのオーディオ事業統合後初となる渾身のプロジェクト。オンキヨーはオーディオブランドとして音にこだわるのことが第一。今回は音へのこだわりとともにシーメンスの技術を活用することで装着感も向上することができた」と製品コンセプトについて話した。

 東京都中央区の「Gibson Brands Showroom TOKYO」と「シーメンス補聴器コンセプトストア銀座店」で、6月下旬に先行発売するほか、発売後は、全国900店舗以上あるシーメンスの補聴器取扱店でも予約を受け付ける。家電量販店などでの取り扱いは現在検討中とのことだ。

 新製品の登場に合わせ、オンキヨーでは6月19日から7月16日までの間、Gibson Brands Showroom TOKYOとシーメンス補聴器コンセプトストア銀座店で想定価格から1~2万円程度を割引く特別価格にて販売する。先に支払いを済ませる必要がある。また、高校生や大学生を対象にした「学生応援特別価格」も検討している。


左からオンキヨー&パイオニアイノベーションズ代表取締役社長である宮城謙二氏、ゲストとして登場したアーティストのクレイ勇輝さん、シバントスのシーメンス補聴器マーケティング執行役員であるクリスチャン・エドゲン氏
 
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集