logo

ASUS、自撮りのためのスマホ「ZenFone Selfie」やタブレットなど発表

坂本純子 (編集部)2015年06月02日 09時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ASUSは6月1日、台湾で行われるアジア最大のICT関連のトレードショウ「COMPUTEX TAIPEI 2015」に先駆けてプレスカンファレンスを開催。ASUS 会長のJonney Shih(ジョニー・シー)氏が登壇し、自撮りを楽しむためのスマートフォン「ZenFone Selfie」やデザインにこだわった新タブレット「ZenPad」、一体型のオールインワンPC「ASUS Zen AiO」、4Kモニタ「ProArt PA329Q 4K/UHD monitor」などを発表した。いずれも日本での発売は未定。

ステージ上で紹介されたPC、タブレット、スマートフォン以外にもウェアラブルデバイスZenWatch 2やゲーミングPCなども発表されている
ステージ上で紹介されたPC、タブレット、スマートフォン以外にもウェアラブルデバイスZenWatch 2やゲーミングPCなども発表されている
ASUS Zen AiOのスペック
ASUS Zen AiOのスペック

 ASUS Zen AiOは、Zenシリーズでなじみのあるスピン加工を施したアルミボディの一体型PCだ。23.8インチの「Z240IC」と21.5インチの「Z220IC」モデルがある。

 オールインワンPCとしては世界初となる次世代USB 3.1 Type-Cを搭載したほか、CPUにはインテルの最新Core i7クアッドコア、最大32Gバイトメモリ、グラフィックスにはNVIDIAのGeForceGTX 960M、ストレージにはPCle Gen 3×4 512G SSDを採用。上位モデルには、ユーザーを立体的に検知できる「RealSense 3Dカメラ」を搭載しており、3D顔認識により自分の顔をログインパスワードすることも可能だ。

オールインワン型のASUS Zen AiO
オールインワン型のASUS Zen AiO
グラフィック性能はiMacと比較して紹介する場面も
グラフィック性能はiMacと比較して紹介する場面も

 ZenFone Selfieは、簡単にベストな自撮り(セルフィー)ができるよう設計されたスマートフォンだ。5.5インチ(1920×1080)のフルHD IPSディスプレイに加え、フロントとリアには13Mカメラとフラッシュを搭載する。プロセッサはQualcomm 8939。美肌効果モードや最大140度のパノラマセルフィが撮れるモードが搭載されているほか、スタンド付きカバーにより机に置いた状態でも撮影できる。

セルフィーのために設計されたスマートフォンZenFone Selfie。
セルフィーのために設計されたスマートフォンZenFone Selfie。
主なスペック
主なスペック
フロントとリアカメラの両方でフラッシュが使える
フロントとリアカメラの両方でフラッシュが使える

 ZenPadシリーズは、7インチの「ZenPad 7.0(Z370C/CG/CL)」、8インチの「ZenPad 8.0(Z380C/KL)」、よりハイスペックな「ZenPad S 8.0(Z580C/CA)」、10インチの「ZenPad(Z300C/CG/CL)」がラインアップする。

ファッションショー形式で披露されたZenPadシリーズ
ファッションショー形式で披露されたZenPadシリーズ

 いずれも背面にクラッチバッグのようなデザインを施しているほか、見た目をクラッチバッグそのものにできるオプションのケースもラインアップする。発表会では、ファッションショー形式でZenPadを紹介し、ラグジュアリー感やデザイン性の高さをアピールした。

ASUS ZenPad 8.0とASUS ZenPadS 8.0の違い。SのほうはCPUがAtomに加え、専用のスタイラスにも対応
ASUS ZenPad 8.0とASUS ZenPadS 8.0の違い。SのほうはCPUがAtomに加え、専用のスタイラスにも対応

 いずれのモデルにもWi-Fiモデルがラインアップするほか、一部のモデルにはLTE/3G接続と電話機能を備えたモデルなども用意されている。

 ASUS ProArt PA329Qモニタは32インチ(3840×2160)の4K/UHD(超高精細)で100%Adobe RGBの色域を特長とする。なお、このほかにウェアラブルデバイス「ZenWatch 2」やゲーミングPCなども発表されており、追って別途紹介する。

ASUS ProArt PA329Qモニタ
ASUS ProArt PA329Qモニタ

-PR-企画特集