logo

BlackBerryが人員削減へ--ソフトウェア、ハードウェア、アプリ部門が対象

Chris Duckett (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 佐藤卓 高橋朋子 (ガリレオ)2015年05月26日 12時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 苦戦中のスマートフォンメーカーBlackBerryが、全世界の従業員を対象とした人員削減を実施する。人数は明らかでないが、端末事業の収益性向上を図るものだ。

 BlackBerryによると、今回の人員削減は、ソフトウェア、ハードウェア、およびアプリケーション業務に携わる従業員が対象になるという。

 「業績回復へ向けた次のステージに進むにあたり、リソースを再配分することで、成長のチャンスを最大限に活かし、事業の全側面で持続的な利益を上げられるようにすることがわれわれの狙いだ」と、カナダを拠点とするBlackBerryは現地時間5月23日にAgence France-Presse(AFP)に寄せた声明の中で述べている。

 BlackBerryは、ほんの10年前までスマートフォン分野のトップ企業だったが、モバイル端末市場で地位を落として以降、大規模な組織再編により、ソフトウェアとサービスへの注力を強化する方針転換を余儀なくされている。

 IDCの調査によると、2014年の世界のスマートフォン売り上げにBlackBerryが占めた割合はわずか0.4%だった。

 「端末事業で利益を上げることが優先事項の1つだ」とBlackBerryは述べている。

 「同時に、ソフトウェアとライセンス関連の売り上げを伸ばさなくてはならない。今後数カ月のうちに、顧客に向けた販売およびマーケティング活動を大幅に強化する予定だ」

 またBlackBerryは先週、発行済み株式の2.6%にあたる1200万株を買い戻す計画を発表している。

 「この買い戻し計画の目的は、当社が予定する従業員株式購入プランの実施、ならびに株式インセンティブプランの修正によって起こりうる(株式の)希薄化を相殺することにある」と、BlackBerryの最高経営責任者(CEO)John Chen氏は21日付の発表声明で述べている。

 「われわれが考える当社ビジネスの潜在的価値と将来性を市場価格が反映していないこの時期に、当社はその強いキャッシュポジションを活かして、事業戦略に悪影響を及ぼさない範囲で自社株を購入することにした」

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集