logo

キヤノン、IC付きパスポートも読み込めるドキュメントスキャナ発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンマーケティングジャパンは5月25日、キヤノン電子製のドキュメントスキャナimageFORMULA(イメージフォーミュラ)シリーズの新製品として、A4対応モデル「imageFORMULA DR-C240」を5月28日に発売すると発表した。

 imageFORMULA DR-C240は、カラー毎分30枚で両面原稿60ページ、モノクロ・グレー毎分45枚で両面原稿90ページ(いずれもA4タテ、200dpi時)の読み取り速度を備えたA4対応のドキュメントスキャナ。センサーはCIS方式で、光学解像度は最大600dpi。市場想定価格は税別4万9800円。

 原稿の重送を高精度に検知する「超音波重送検知」や重送による読み取りエラーを抑止する「リタード方式」を採用し、店舗・店頭の窓口のスキャン業務で威力を発揮するという。また、ADF(自動原稿送り装置)の給紙性能を大幅に向上させたことで、さまざまな紙文書や領収書、名刺のほか、厚みのあるカードや免許証のスキャンに対応。さらに、付属のキャリアシートを利用することで、ICチップ付きパスポートもADFによるスキャンが可能だという。

 標準添付されるISIS/TWAINドライバには、通常のスキャンモードに加え、「用紙サイズ自動検知」や「斜行補正」、「文字向き自動検知」を搭載。片面と両面の原稿が混載されたケースで便利な「白紙スキップ」、通常モードでは読みづらい文字を強調して読み取る「アドバンストテキストエンハンスメント」などの画像処理機能も利用できる。

 画像入力ソフトとして、ファイルの暗号化やファイル名の自動生成、白紙によるファイル区切り、1回のスキャンで複数の画像を生成できるマルチストリーム対応など、多彩な機能を備えた高機能スキャニングソフト「CapturePerfect3.1」を同梱する。

 本体サイズは、トレイを閉じた状態で幅291×奥行き253×高さ231mm(トレイを開けた状態で幅291×奥行き603×高さ363mm)、重さは約2.8kg。最大トレイ積載量は、60枚(80g/平方メートル紙)かつ積載高さ6mm以下。


「imageFORMULA DR-C240」

-PR-企画特集