logo

あらゆるモノの表面を使った手書き入力が可能--ペン型デバイス「Phree」

河部恭紀 (編集部)2015年05月26日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Phree」はペン型入力デバイスとして、机や壁だけでなく手の甲や膝の上など、あらゆる物の表面を使った手書き入力をスマートフォン、タブレット、PCに対して可能にする。


提供:OTM Technologies

 PhreeはBluetooth経由でデバイスと接続され、「Office」「OneNote」「Evernote」「Acrobat」「Google Handwriting Keyboard」「Viber」などと互換性がある。


提供:OTM Technologies

 Phreeは、「OTM」センサと呼ばれる小型の3Dレーザー干渉計を搭載し、近くにある表面に照射されたレーザービームと表面からの反射との間の干渉信号を計測することで、表面との相対運動を追跡する。OTMは、人間の目で見える物体の動きなら、3次元で高解像度かつ高精度な測定を最大1インチ(およそ2.54cm)離れても可能だと開発元のOTM Technologiesは述べている。


提供:OTM Technologies

 Phreeのペン先は、感圧式となっているので使用するアプリケーションによっては、力の入れ具合によって線の太さを変えることができる。Phreeには、タッチスクリーン、右マウスボタン、マイク、スピーカーも搭載される。長さ142mm、幅18mm、厚さ8.5mmで重量は30gとなっている。


提供:OTM Technologies

 PhreeはKickstarterで資金集めをしており、6月27日までに10万ドルを集めることを目標としている。本校執筆時点で49万ドル以上を集めている。

-PR-企画特集