logo

シャープ、8K相当表示を実現「AQUOS 4K NEXT」--4K液晶テレビ最高峰

加納恵 (編集部)2015年05月21日 19時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「AQUOS 4K NEXT(アクオスヨンケーネクスト) LC-80XU30」

 シャープは5月21日、4K解像度ながら、8K相当の解像度表示能力を持つ「AQUOS 4K NEXT(アクオスヨンケーネクスト) LC-80XU30」を発表した。フルHDや4K映像を8K映像の情報量までアップコンバートする「超解像・8Kアップコンバート」回路を搭載する。発売は7月10日。想定税別価格は168万円前後になる。

 AQUOS 4K NEXTは、液晶テレビ「AQUOS」シリーズのフラッグシップモデルに位置し、画面サイズは80V型のみ。3840×2160ピクセルの4K解像度ながら、1画素の中に4つの輝度ピークを作る「4原色技術」を用いることで、4K液晶パネルで8K解像度を実現できることが特徴だ。

 シャープでは、2013年にフルHDパネルながら4K相当の表示ができる「AQUOSクアトロン プロ XL10」シリーズを発表。AQUOS 4K NEXTも、同様の技術を活用している。

 本体には、世界初の「超解像・8Kアップコンバート回路」を内蔵し、4K映像やHD放送を8K映像にまでアップコンパードして視聴することが可能。映像の輝度や色情報を高めることで、より細かくなめらかに表現できるという。

 画像処理と液晶駆動エンジン部には新開発の「X8-Master Engine PRO(クロスエイトマスターエンジンプロ)」を備え、ノイズを低減。4K倍速技術で動きに強いクリアな動画性能も実現するとしている。

  • 4K、AQUOS 4K NEXT、8Kテレビの画素構造

  • 超解像・8Kアップコンバート技術

  • 高演色リッチカラーテクノロジー

 直下型エリア駆動バックライト制御システムを採用したほか、輝きを復元する「メガコントラスト」により、漆黒、光の輝きを表現。従来モデルに比べ約1.4倍の色再現範囲を持つ「高演色リッチカラーテクノロジー」により、鮮やかな色から淡い色合いまで、自然に近い色で再現できるとしている。

 地上、BS、110度CSデジタルチューナを3基備え、USB HDDを接続すれば、2番組を同時録画しながら、別の番組を視聴することも可能。2015年秋にサービスが開始される映像配信サービス「Netflix」に対応するほか、「ひかりTV」の4Kビデオオンデマンドが見られるHEVCデコーダも内蔵する。

 スピーカ部はトゥイータ、ミッドレンジ、DuoBassを備えた3ウェイ6スピーカで、最大65Wの音声出力を実現。音声LSI「新・AudioEngine」により、聞き取りやすい高音質を再現する。


シャープデジタル情報家電事業本部液晶デジタルシステム第一事業部事業部長の宗俊昭広氏

 シャープデジタル情報家電事業本部液晶デジタルシステム第一事業部事業部長の宗俊昭広氏は「2014年度は4Kテレビの売れ筋であった50V型ゾーンのラインアップが2機種と少なかったが、2015年の夏商戦には5機種を導入している。本日発表した『AQUOS 4K NEXT』はAQUOSのフラッグシップモデル。4Kテレビのイメージアップを図り、ほかの4Kテレビへのシャワー効果を期待している。販売量の多い50V型ゾーンとフラッグシップ機の両面で4Kテレビに取り組んでいく」と戦略を話した。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集