logo

ヤマハ、5.1chのAVアンプエントリー機--4K、Bluetoothに対応

加納恵 (編集部)2015年05月20日 15時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「RX-V379」

 ヤマハは5月20日、HDCP 2.2と4K/60p映像信号の伝送に対応した5.1chのAVアンプ「RX-V379」を発表した。発売は6月上旬。税別価格は4万8000円になる。

  • 背面パネル

 HDCP 2.2と4K/60p映像信号の伝送に対応した4入力、1出力のHDMI端子を搭載。対応機器と接続して4Kコンテンツを楽しめる。

 Bluetooth機能も内蔵し、スマートフォンやタブレット内の音楽ファイルをワイヤレスで再生することも可能。新開発の「ミュージックエンハインサー」により、圧縮音声で失われがちな高音域の情報量や低域の明瞭感を補正し、高音質再生を実現する。

 ディスクリート構成の5chパワーアンプやバーブラウン製の192kHz/24bit D/Aコンバータなど、高音質設計を施し、音楽再生環境を整備。独自の音場創生技術「シネマDSP」を使用すれば、5.1chサラウンド再生のほか、サラウンドスピーカとメインスピーカを前方に設置した状態で5.1chサラウンド再生ができる新バーチャルサラウンド技術「バーチャル・シネマフロント」にも対応する。

 音場は視聴環境最適化システム「YPAO(Yamaha Parametric room Acoustic Optimizer)」により設定が可能。既存のAM放送をFM帯域で同時放送する「FM補完放送」の受信も可能だ。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集